試験組と国税組の税理士がある

試験組と国税組の税理士がある

試験組と国税組の税理士がある

税理士になるには税理士試験に5科目合格する必要があり、それには長い期間になるであろう受験勉強生活を耐える必要があります。
元気なうちに神奈川 相続について学ぼう。
ですが実は税理士になるには5科目の試験に通る以外にも、いくつ可能方法があります。一つは科目免除という制度です。実は法学や商学といった特定の大学院に進学して一定の論文を書けば、科目が免除されるという制度があるのです。
税務の疑問は神奈川 税理士にお任せ。
これを利用して特に難関な法学系の試験をスルーすることができるという点で、一種の抜け道の制度と言えます。
頼れる神奈川 経営コンサルティングの検索はこちら。
他にも試験自体が完全に免除されるのが、税務署で働いている国税局の人達です。国税局で20数年間働き指定の研修を受けると、無試験で税理士資格が取得できるのです。もちろん全員が全員税理士資格を取得できるわけではなく、内部での試験をパスする必要がありますが、それでも税理士試験本体と比べると天と地の差の難易度の落差があります。
新入社員の神奈川 人材育成で成果を出すには?
つまり世の税理士は試験組と国税組に分かれるということです。
神奈川 社会保険料の計算方法を知りたい。

ホーム RSS購読 サイトマップ